多国籍リース会社は、欧州各地で使用されている様々な従来システムを置き換えるためMilesを選択し、すべての国で同社のユーザーと顧客に同じシステムを提供しました。


お客様のニーズ

欧州9か国で事業を展開する大規模なリース会社は、従来のシステムを、会社全体でプロセスを標準化できるソフトウェアソリューションに置き換えることを望んでいました。同社の副社長は、次の様に述べています:「私たちの戦略は、事業を展開するすべての国において、全ユーザーに同じ顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)を提供することです。」 

弊社の回答

弊社は、リース業界の一般的なプロセスとベストプラクティスを反映し、導入プロセスを大幅にスピードアップするMiles Reference Implementation(MRI)を厳密に遵守し、2つの小規模市場でのMilesの導入から開始するようお客様に提案しました。 

これらの最初の2つの市場において、迅速に実装することにより、直ちに成功を収め、社内のステークホルダーからの支援を得ることができます。 

同時に、Milesのコンフィグレーションと実装に関する知識をお客様に伝え、社内のコンピテンスセンターを確立できる最適な機会を提供します。これにより、お客様は、Soficoの専門家のサポートのもとで、自社リソースによる他の市場へのMilesの展開が可能となります。 

ベンダーとして弊社からの独立性をお客様に保証するアプローチを提供しています。 

結果

南欧2カ国でのMilesの最初のプロジェクトは、それぞれ7ヶ月と5ヶ月完了しました。これは、標準のMilesであるReference Implementation(MRI)セットアップを活用して達成されました。 

お客様は、次の様に述べています:「私たちは、Reference Implementation(MRI)セットアップに業務を寄せることにより、余計な長い議論の必要性がなくなり、両国で非常に迅速にMilesを実装することができました。
また、両国のスタッフとの共同ワークショップを開催し、システムの徹底的な理解を図り、実装プロセスのスピードアップを図ることもできました。」

お客様は、会社全体のベストプラクティスを共有するために、コンピテンスセンターを設置しました。「私たちはこれを自動車リース業界で一般的なことと考えてはいません。しかし、これによってあきらかに競争力が向上しました」と、彼は述べています。

弊社のお客様によると、Milesのもう一つの優位性は、コンフィグレーションが広範囲で可能であることと拡張性であり、フリート規模が小さい国とまったく同じアプローチで、大規模な市場においても車両を管理することができるという点です。「この適応性こそが真のメリットであり、他の多くのシステムでは実現できないものです。」と、お客様は付け加えました。

さらに、Milesは、市場における新たな課題に対処するために必要な柔軟性をお客様に提供しています。既に多くの企業は、社用車はもとより、列車またはバスでの移動、自転車またはスクーターでの移動、社用・私用での利用の区別、カープール、タクシー、カーシェアリング、駐車場などの費用すべてをモビリティコストとして認識しています。 

「Milesは、様々な種類に移動手段を組み合わせたモビリティ契約を管理する機能を私たちに提供してくれます。」と、弊社のお客様は述べています。

常に製品のイノベーションを実施することによって、進化する市場での競争力を維持できます。

20 ヶ国以上に、お客様をサポートするための、現地の営業所とパートナーシップがあります。

30 年以上の業界での経験とノウハウ。

最適化したプロジェクト アプローチによる 40 件以上の実装に成功。

問い合わせ

10F Toranomon, Piazza Bldg. 2-4-1 Toranomon, Minato-ku, Tokyo, 105-0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-4-1虎ノ門 ピアザビル10F
Japan
+81 3 3508 7560
contact@sofico.jp